どのような医療機器金型を選ぶべきか?
2024/5/21 44

私たちが知っているように、医療機器金型は凸型、凹型と補助成形システムの協調的な変化を通じて、異なる形と大きさの一連のプラスチック部品を加工することができます。 製品の需要を満たすために、医療用金型と対応する要件を選択するときに注意するいくつかの事項があります。 宜澤金型はあなたに促します:以下の要求を満たすために、正しい医療機器金型を選んでください。

IMG_4301.JPG

1、耐食性が高い。 多くの樹脂と添加剤はキャビティの表面に腐食作用があり、この腐食によってキャビティの表面の金属が溶けて剥がれ落ち、表面の状態が悪くなり、成形品の品質が悪くなる。 そのため、耐食鋼を使用するか、キャビティ表面処理をクロムメッキやニッケルメッキにするのが良い。

2、耐摩耗性が良い。 プラスチック部品の表面の光沢と精度と医療用金型のキャビティ表面の耐摩耗性は直接関連しており、特に一部のプラスチックはガラス繊維、無機充填剤と一部の顔料を添加し、ランナーとキャビティ内のプラスチック溶融物とともに、キャビティ表面の急速な流れは多くの摩擦を発生させる。 材料が耐磨耗性でなければ、すぐに磨耗し、医療用金型の品質を損なう。

3、寸法安定性が良い。 プラスチックを成形する時、プラスチック金型キャビティの温度は300℃(572℉)以上に達することがある。 そのため、工具鋼(熱処理鋼)は適切に焼き戻されたものを選び、そうでなければ、材料の微細構造が変化し、医療用金型の寸法が変化することになる。

4、加工しやすい。 金型部品は主に金属材料で作られ、複雑な構造と形状のものもあり、生産サイクルを短縮するために、金型材料は図面が要求する形状と精度に加工しやすいことが要求される。

5、研磨性能が良い。 プラスチック部品は通常良好な光沢と表面状態が要求されるため、キャビティ表面の粗さは非常に小さく、キャビティ表面の研磨、研削などの表面処理を行う必要がある。 したがって、選択された鋼は、粗い不純物、空気穴などが含まれていない必要があります。

2006年に創立してから、宜澤金型は精密金型の研究開発、設計、生産に力を尽くして、金型製造の分野で豊富な技術経験を蓄積して、もし精密医療機器金型について相談したいなら、いつでもご連絡ください!